オルニチンサプリランキング!効果があるのは?

二日酔いの原因物質〜ホルムアルデヒド

 

飲むお酒の種類によって、二日酔いを起こす原因物質が異なる場合があります。中でも特に注意が必要な【ホルムアルデヒド】についてまとめてみましょう。

 

<ホルムアルデヒドとは>
メタノールを多く含むお酒を飲んだ時に、いつもは平気なのに、何故かひどい二日酔いになってしまう事があります。これは、メタノールが分解される時に発生する【ホルムアルデヒド】が大きな原因になっている場合があります。お酒である以上多かれ少なかれ含まれる物質のメタノールですが、お酒の種類によって含有量が異なります。

 

基本的にはアルコール度数が高いものほどメタノール含有量は多いのですが、度数に関係なく{ウイスキー・ブランデー・テキーラ}などには多く含まれています。普段、ビールをいくら飲んでも平気な人が、飲みなれない{ウイスキー}を飲んで二日酔いになってしまった、なんてことは起こり得るのです。

 

<分解に時間がかかる>
メタノールは、分解が終わるまでにとても時間がかかる物質です。アルコールのほとんどはエタノールなのですが、肝臓での分解の順位が、まず先にエタノールを、その後にメタノールの分解を行うのです。メタノールの分解優先順位が低い上に、分解されたときに出来る有害物質の【ホルムアルデヒド・ギ酸】などで頭痛や吐き気を起こして、翌日にまで残ってしまうひどい二日酔いになります。メタノールを多く含むお酒は、解毒までに時間を要し、長く体内に残りやすいお酒でなのです。

 

<肝臓頼み>
エタノールもメタノールも{分解・解毒}は肝臓の働きに頼るのみです。薬を飲んでも分解は出来ませんので、自分の代謝能力に頼るしか方法はないのです。アルコールの摂取量を控えるのは勿論のことですが、二日酔い対策をするのなら、肝臓の働きを高める栄養を補うなどの工夫が必要でしょう。

 

その中で、注意しなければいけないことがあります。人工甘味料を含む飲食物やフルーツジュースなどにもメタノールが含まれていますので…毒物追加にならないように注意して下さいね。

 

 

二日酔いとオルニチン

 

肝臓・お酒・二日酔いに何が良いか?と言う話になると必ず出てくるのが「シジミ」ですね。それだけ「シジミ」には大きな効果のある成分が豊富に含まれていると言うことを、なんとなくですが知っていますよね。では、その有効成分について調べてみましょう。

 

<オルニチンの働き>
【オルニチン】は、私たちの体内で作られるアミノ酸です。また、タンパク質を摂取した後でアルギニンという物質が酵素に分解されると【オルニチン】が出来ます。シジミにもこの【オルニチン】が含まれているのです。非必須アミノ酸ですから、毎日絶対に摂取しなければ「命」に関わると言うような物質ではありませんが、とても大切な働きを持っています。

 

・肝機能・腎臓機能のサポートする働き
・成長ホルモンの分泌を促進する働き…などあります。

 

<解毒に貢献>
【オルニチン】はどのような事に貢献してくれるのでしょうか?【オルニチン】オルニチン回路と言われる体内の解毒サイクルに深く関わりがあります。主に体内で発生する有害物質であるアンモニアなどを尿として体外へ排出する働きに。肝臓が一手に引き受けている解毒作業ですが、そこで発生するいらない物質を速やかに捨てる手伝いを。そのような働きをしてくれますので、アルコールを摂取した後、分解した時に出る有害物質を捨てる時にも【オルニチン】は大きく貢献してくれます。

 

<摂り過ぎても害なし>
【オルニチン】は通常であればあまり不足することの無い体内で作られる物質です。アルコールを摂取した時など、肝臓がフル活動するときに補給してあげると解毒がよりスムーズに…。オルニチン自体はシジミにとても多く含まれています。また【オルニチン】を生み出すためのアルギニンはタンパク質を沢山含む食品に多く含まれています。では、アルギニンはどんな食品に多く含まれているのでしょう。

 

・肉の中では…鶏の胸肉・豚ロース・牛のサーロインなど
・魚の中では…ブリ・ハマチなど
・種子類では…カシューナッツ・ゴマなど

 

 

と言う事で、お酒と一緒に、これらを「おつまみ」として食べることはとても良いことです。それでも、もし二日酔いになってしまったなら、手軽な【オルニチン】のサプリメントで補給するのも良いでしょう。

 

こちらも参考に:オルニチンサプリランキング!飲むタイミング、ベストな摂取量は?

 

 

オルニチンと副作用

 

オルニチンの身体への影響は、肝細胞の保護や、肝臓の疲労回復などが挙げられていますが副作用は無いのでしょうか。オルニチンのサプリメントについての口コミサイトを見ると、就寝前の服用で身体がこわばったとか、筋肉の痛みで目を覚ましたなどや、他にはおなかがゆるくなり過ぎて困った、弊害を感じるほどではないけれど口の渇きを感じるようになったなどがありました。

 

オルニチンを摂取していたユーザーには違いありませんが、どの人も他のサプリメントも摂取していたので、オルニチンの副作用かといわれると定かではありません。今はオルニチンの副作用は無いといわれています、販売メーカーなども注意事項の項目はありません。オルニチンは400mgから1,000mgを目安に摂るのが良いとされています。数字で書かれても良くは分かりませんが、しじみでいうと100gのしじみに含まれているオルニチンが約15mgほどなので、1,000mgを超えるだけの量のしじみを食べるなんて、まず出来ないわけです。

 

そんな理由からサプリメントで補うようになるのですが、反面体内に影響も与えかねません。オルニチンを凝縮したタイプのサプリメントを1度に摂った場合、胃が驚いてしまって胃痛を招くことがあります。こんなことから見ても、どのサプリメントにも共通することですが、たくさん摂取をしても体内で活かせる量は限られているという事です。サプリメントは栄養を補助する役目でしかない事をよくわきまえて、決められた数を飲む事が大事なのです。

 

副作用とはまた違った面の話になりますが、アレルギーのある人はまずどんな物でカプセルなども形成されているか調べる必要があります。最近はアレルギーにも注意喚起されるようになってきましたので、アレルギー表示されることが多くなりました。ですが表示されている物だけとは限りませんので、心配なく飲むためにはかかりつけの医師への相談や、販売元への原料の該当が無いかなど、すべてをクリアにしてから飲むよう心がけましょう。

 

最近は薬を飲んでいる人も少なくなく、サプリメントと合わせることで影響が無いかを調べている販売元もあります。飲み合わせによっての悪影響や、薬の効果を阻害してしまうような弊害が出ないよう、販売元に相談して購入を決める事も必要なことだと思われます。

 

更新履歴